相続して家を売却する時の注意とは

遺品整理

家の中の家財の取扱いについての注意

家の売却にあたっては、例外的に部屋の家財を残して引き渡すこともありまが、一般的に部屋の家財をあらかじめ処分しなくてはいけません。
それは、相続したときにそこに住んでいたご兄弟から荷物処分同意書をいただいてある場合は、良いですが、もし住んでいた方から処分の同意がないと、いざ、家財を処分し家を明け渡しする際に、「まだ、私の大切なものが整理していない。勝手に処分しないで」と言われると勝手に処分ができないからです。
一般に家を相続したから、荷物を自由に処分できると思いがちですが、相続の範囲は、土地と建物で家財を含めていないのが大半ですから、この点、遺産分割協議書を作成するときに話し合いしておきましょう。不動産会社の営業の方も多くの方は、売却をするなら、事前に家財を処分してくださいとお話されるのは、このためです。

相続登記を行った上で売却を進めます

相続人がお一人の場合は、遺産分割協議書の作成はいりません。故人(被相続人)の財産は、すべて相続しますから。不動産は、現預金と違い法務局に登記された書類(登記済権利書=権利書)があります。相続を売却するためには、必ず被相続人から相続登記を行ったうえで、売却先の方に所有権移転を行う必要があります。この不動産の相続登記を扱う専門家は、司法書士さんが行います。
なぜ、不動産を相続したら、あらかじめ相続登記を行う必要があるかということですが、相続登記を行うには、司法書士さんが複数人の相続人がいるケースは、遺産分割協議書、一人の相続人では、戸籍謄本で正当の相続人であるかと他に相続人がいないかを確認することになります。
例えば、認知した子供がいた。前妻の子供がいたなどが分かると。その人やその人が亡くなってもその人の子供(孫)が相続人になり、改めて遺産分割協議書を作成する必要があります。このようなケースでは、何年もかかってしまうケースは珍しくありません。 不動産屋さんでは、こうした危険を回避するために売却の仲介委任契約を締結する前には、登記名義人とご本人が一致しているかを確認いたします。

編集部では、相続した親の家、介護施設に入居し家の売却の仕方を現役プロの方に手引書を寄稿していただきました。
初めて方へ不動産の売り方を「現役プロ」が教えます|片付け屋のプロ| 家・空き家片付け案内 (oono1019.com)

編集部おすすめ記事
お身内の方に痴呆症の方がいる時の不動産の相続や売却のことが心配の方へ
身内の方に認知症の方がいるご家族へ、実家売却大丈夫?
大きな負担がかかる遺品の整理と生前整理の始め方の基本を知りたい方へ
遺品整理・生前整理をうまく進めていくために
時間的に余裕のない方、引越し経験が乏しい方で最低必要なことを知りたい方へ
アパート退去で行う6つのポイント
業者選びで迷って困った方へ
プロの業者とアマの遺品整理業者の違いとは
相続した不動産を売却する前に必ず行っておきたいこと知りたい方へ
相続して家を売却する時の注意とは

(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

お問合せは、全店共通で048-443-6655でお受けしています
運営|一般社団法人家財整理センター
【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
営業エリアのご案内|埼玉東京千葉神奈川
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店
【最近の作業実績】
不動産関連(敬称略)
日税不動産情報センター/ミサワホーム東関東千葉支社/積水ハウス/住友林業ホームサービス/東急リバブル/大成有楽不動産/岡三興業/長谷工コミュニティ/ドリームオン不動産その他多数
福祉関連(敬称略)
久米川病院相談室/獨協医科大学埼玉医療センター相談室/ニチイ学館/東大和病院/行徳病院相談室/障害福祉サービス事業所夢の実ハウス/その他、成年後見人多数