片付け屋の遺品整理・生前整理のご案内

《キャンペーン情報》
第8回キャンペーン24年2月28日まで開催中
ご利用代金から5%オフになる感謝祭

お問合せ・年中無休

メール問い合わせ
翌日午前10時までご回答

電話の問い合わせ
午前8時から午後7時

土日・祝日も営業中です。同一担当者が何度でも対応。折り返し勧誘電話をいたしていませんのでご安心ください。
よくいただく質問と回答集

近年、日本において遺品整理の需要が高まっています。これは、高齢化社会における死亡者数の増加や核家族化、そして少子高齢化などの社会的変化が背景にあります。

遺品整理とは、亡くなった方が残した遺品を整理し、処分することです。遺品整理は、遺族が行うことが一般的ですが、自分で処分することもできます。しかし、多くの場合、遺族が行うことになります。

遺品整理の需要が高まっている理由の一つは、遺品の量が増えていることです。過去に比べて、多くの人々が豊かな生活を送っており、多くのモノを所有しています。そのため、遺品も多くなっていると考えられます。

また、遺族が自分で遺品整理を行うことが困難な場合もあります。例えば、遺族が高齢で身体的に不自由な場合や、遺品が多すぎて処分が困難な場合などです。そういった場合には、遺品整理業者に依頼することができます。

一方で、遺品整理業者に依頼することには、コストがかかるというデメリットもあります。遺品整理業者は、処分にかかる費用や作業時間に応じた料金を請求するため、高額な請求が発生することもあります。

以上のような理由から、遺品整理の需要は高まっていますが、自分で行う場合と業者に依頼する場合のメリット・デメリットを十分に理解して、適切な選択をする必要があります。

遺品専門業者の台頭と活躍

遺品整理の専門業者は、故人が亡くなった後に遺された物品を整理し、遺族の手間や負担を軽減するためのサービスを提供しています。故人が亡くなった場合、家族や遺族は、遺品を整理することが必要となりますが、その作業は大変な労力と時間を必要とします。そこで、遺品整理の専門業者が登場し、遺品整理を専門に行うことで、遺族の負担を軽減し、遺品を適切に処分することができます。

遺品整理

遺品整理の専門業者は、遺品を適切に処理するために、まずは現地調査を行います。遺品の量や種類、状態などを確認し、整理のプランを立てます。また、遺族の要望や亡くなった方の遺志なども確認し、適切に対応することができます。

遺品整理の専門業者は、遺品を処分する方法についても詳しく知っています。遺品の中には、処分が難しいものもありますが、遺品整理の専門業者は、適切な方法で処分することができます。遺品の中には、有価物や貴重品も含まれることがありますが、遺品整理の専門業者は、それらを適切に評価し、売却することもできます。

また、遺品整理の専門業者は、遺品を整理するだけでなく、家屋の清掃や修繕も行うことができます。遺品整理のプロとして、遺族のニーズに合わせたサービスを提供し、遺族の負担を軽減することができます。

遺品整理の専門業者は、遺品を処分することで、遺族にとって大きな負担を軽減するだけでなく、遺品を適切に処分することにより、地球環境にも貢献しています。遺品の処分において、リサイクルやリユースを推進することにより、資源の有効活用や環境保護にもつながるのです。

店長から一言PR

当社では、常にお客様の要望を理解する努力をしております。
お電話での相談・メールでの相談の際にもお客様の要望をお聞きすることはもちろんお仕事中の急なご依頼でも現場で臨機応変・柔軟に現場で対応よするようにスタッフに教育しております。

こんなお客様の急な要望にもお受けしています

➡この荷物実家に届けてもらえますか? ➡これ追加で処分していただけますか?➡近所の方が、これほしいというので渡してあげていただけますか?
このように現場でお客様は、予定になかったことに遭遇します。スタッフもお客様のお困りの様子がわかれば、可能な限り対応しております。少しの負担なら料金のご請求はありませんので、ご遠慮なく申しつけください。 (坂戸店店長/大野)

クレーム0更新の自慢

現在8年間クレーム0を更新しております

作業の違いトラブルはありません。当社では、お見積りと商談から作業まで注意深く確認を行い手違いがおきないように努力し、現在8年間連続でクレームをいただいておりません。特にお仕事では、スタートでお客さまとの確認を必ず行うとともに作業終了時には、再度お客さまとの確認を怠っておりません。これをきちんと行うことで、間違って処分するトラブルや撤去漏れのトラブルも起こしておりません。また、作業中の近隣トラブルなども配慮して作業しトラブル0を更新しています。

お客様の声・口コミサイト
お客様からたくさんの口コミをいただきました。投稿サイトは、こちらからご覧ください

最近目立つアマ業者、多くの業者から参入しています


新規参入が目立つ遺品整理業界

最近、類似種から参入するケースが見られます。アマ業者も多く、代償的な類似業種の参入例を見てみますと。リサイクルショップや古道具店からの参入。生活支援サービスの便利屋からの参入。ハウスクリーニング業者からの参入。葬儀社からの参入。不用品回収業者からの参入。解体業者からの参入、リフォーム会社からの参入。などが顕著です。

アマ業者に依頼することは、決して悪いことではありませんが、依頼する場合は、任せっきりにしないこと、事前打ち合わせもしっかりして依頼しましょう。

プロとアマの違いとは、

プロの業者は、2トントラックが主流

プロの業者が主に使うのは、2トントラックです。トラックには、コンパネというあおり板を使って使う平トラックと箱型トラックを使います。軽トラックも使うことがありますが、補助的な利用です。

アマの業者は、軽トラックを使う

軽トラック、遺品整理を行うのは、あまり見かけませんが、軽トラックで不用品を回収している業者さんは、沢山見かけます。普段のお仕事が、冷蔵庫・洗濯機などの数点の回収が多いため大きなトラックですとトラックの経費が掛かるためです。


遺品整理や家財整理のご依頼は、一軒丸ごとや一室丸ごとの整理と廃棄のご依頼がほとんどです。3DKの部屋の遺品整理となると少なくとも2トントラックで3台以上必要になります。1トン車や軽トラックでは、効率が悪いためです。

プロ業者とアマ業者のスキルの違い

プロ業者の仕事は、不用品を回収することでではありません。①遺品や形見分けを整理し、不要な物を廃棄する。②処分していけない備品をきちんと区別する。③大切なものと思われるものは、処分せずに依頼者に確認する。
などを常に念頭において作業しています。作業中に、不動産の権利書や年金手帳などがあれば、残しておき依頼者に確認取ります。また、遺品整理や生前整理で賃貸住宅の明け渡しの場合は、公営団地の種類でも備品が異なります、これらご依頼者で気が付かない場合は、スタッフがアドバイスしたり自ら確認し、円滑な明け渡しが行えるように作業を進めます。

アマ業者は、経験が乏しい

エアコンが新しいので、取り外してもってきてほしい。温水便座を交換してほしい。このような技術的スキルが乏しい。また、いろんなケースの現場経験が乏しいと、確認もせずに備え付けの下駄箱を撤去してしまったなどミスも多くみられます。これは、現場経験が少ないと何か所の経験で思い込みで作業をすることがあるからです。

プロ業者とアマ業者の処分できる範囲の違い

遺品整理や生前整理で丸ごと家を片付ける時は、時として思いがけないケースもあります。裏庭から3メーターくらいのカヌーがあったり、100キロ以上の石コ像、時として80キロ以上の金庫など処分しなければいけないこともおきます。プロ業者はこのような特殊なケースにも迅速に対応できます。また、畳・ブロック・石膏ボードなどの建築廃材、園芸用の土、スプレー缶、生ゴミなど廃棄処分場の契約がなくて取扱いもできないケースもあります。

アマ業者に依頼することは、決して悪いことではありませんが、依頼する場合は、任せっきりにしないこと、事前打ち合わせもしっかりして依頼しましょう。

編集部おすすめ記事
お身内の方に痴呆症の方がいる時の不動産の相続や売却のことが心配の方へ
身内の方に認知症の方がいるご家族へ、実家売却大丈夫?
大きな負担がかかる遺品の整理と生前整理の始め方の基本を知りたい方へ
遺品整理・生前整理をうまく進めていくために
時間的に余裕のない方、引越し経験が乏しい方で最低必要なことを知りたい方へ
アパート退去で行う6つのポイント
業者選びで迷って困った方へ
プロの業者とアマの遺品整理業者の違いとは
相続した不動産を売却する前に必ず行っておきたいこと知りたい方へ
相続して家を売却する時の注意とは

弊社からのお約束

弊社は、片付け屋として、遺品整理や生前整理を行うサービスを提供しています。私たちは、お客様の大切な思い出や財産を大切にし、親切かつ丁寧なサービスを提供することをモットーとしています。

遺品整理については、故人の遺品や遺留品を整理し、不用品の処分や買取、再利用の提案などを行います。私たちは、遺品に対して敬意を払い、故人の想い出に寄り添いながら、家族や遺族の方々の負担を減らすお手伝いをさせていただきます。また、遺品整理の際には、大切な品物や思い出の品がある場合は、それらをお預かりし、適切な保管方法を提案することも可能です。

生前整理については、お客様が生きているうちに、自分の遺品整理を行うことをお勧めしています。私たちは、お客様のライフスタイルやライフプランに合わせた整理方法を提案し、遺品整理の負担を未然に防ぐことができます。また、生前整理を行うことで、お客様の思い出の品や財産を大切に保管することができ、家族や遺族の方々の負担を減らすことができます。

私たちは、遺品整理や生前整理において、トラブルが生じないように、厳格なルールを設けています。遺品整理の際には、遺族や家族の方々とのコミュニケーションを重視し、プライバシーや秘密を厳守することを約束しています。また、業界標準の料金設定を行っており、不透明な費用が発生することはありません。私たちは、お客様に安心してサービスをご利用いただけるように、常に誠実で正確な対応を心がけています。

関連サイトご案内

遺品整理サイト/ゴミ屋敷片付けサイト/空き家片付けサイト/部屋片付けサイト/家財処分サイト

会社・店舗案内

一般社団法人家財整理センター 

20年間の実績・明朗会計でお掃除・探索・対応業者の業者
(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店

プライバシー保護について

お問合せから入手したお客さまの個人情報は、個人情報保護規定で定めたもとで慎重に管理しております。また、ホームページ内でお仕事の事例紹介については、お客さまの個人情報が特定できないように脚色して作成しています。掲載の写真は、承諾を受け紹介記事と直接関係のないものを使用し、イメージとして掲載しておりますので、ご安心ください。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

口コミ情報・取引実績

お客様の声(良い口コミ・悪い口コミ)は、ご自由に書き込みできます
口コミ投稿一覧(お客さまの声)
主な取引実績一覧(会社概要に記載)
一般のお客さまから。不動産会社さま・生活福祉課さま・成年後見人さま多数